藤代 裕之(Hiroyuki Fujishiro)

法政大学社会学部メディア社会学科 教授 / ジャーナリスト

​法政大学大学院 メディア環境設計研究所 所長

1973年徳島県生まれ。広島大学文学部哲学科卒業、立教大学21世紀社会デザイン研究科前期課程修了。1996年徳島新聞社に入社。社会部で司法・警察、地方部で地方自治などを取材。文化部で、中高生向け紙面のリニューアルを担当。2005年goo(NTTレゾナント)。gooラボ、新サービス開発などを担当した。関西大学総合情報学部特任教授(2013-15年)

専門は、ジャーナリズム論、ソーシャルメディア論。ゼミテーマは、ソーシャルメディア時代の「伝え方」の研究と実践。著書に『ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか』(光文社)、編著に『ソーシャルメディア論 つながりを再設計する』(青弓社)『地域ではたらく「風の人」という選択』(ハーベスト出版、第29回地方出版文化功労賞・島根本大賞2016)など。


<所属学会>

日本マス・コミュニケーション学会、社会情報学会、情報通信学会、情報処理学会

 

<社会活動>

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ) 代表運営委員

​NHK放送文化研究所 委員

WOMマーケティング協議会 ガイドライン委員長(2012年3月まで)

Born in 1973 in Tokushima Prefecture. Hiroyuki Joined Tokushima
Shimbun(local newspaper) after graduating from Hiroshima University, Faculty of Literature, in 1996. He worked as a reporter at the newspaper's local news section and the culture section. He was also in charge of editor of news site and research and development at NTT Resonant . He is engaged in coverage, research and practical activities on the theme of media and journalism in the social media era. His books include “ Hegemonic war of Internet Media ” (2017), “Social media theory -Redesign of network”(2016).

<論文・学会発表>

リサーチマップのマイポータルをご覧ください。

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)

ジャーナリストが「個」として組織や媒体を超えて学ぶ。実践的な取材を行うジャーナリストキャンプ、学びの祭典エデュケーションフォラムなどを開催しています。2011年に設立、2013年に一般社団法人化。代表理事を務めています。

 

WebSite:http://jcej.info/

Blog:http://jcej.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/jcejinfo

大槌みらい新聞

2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町で情報発信とメディアづくりのプロジェクト。町内でワークショップを実施し約400人が参加。2012年夏から町内全世帯に紙の新聞を発行、ウェブ版では全国の記者の協力を得て津波証言を記事化しています。電子書籍を発行し、英訳して世界に発信しました。

Kindle:大槌みらい新聞 完全版 第1号(日本語版)、Life after the Tsunami(英語版)

© 2013 Hiroyuki Fujishiro. All rights reserved.             

  • Twitter Clean